OKA BLOG

岡ブログ

02 June
岡の道具はなぜそんなに高いの?

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

さて、今回は『岡の道具はなぜそんなに高いの?』

というテーマで書きたいと思います。

結論を先に書きますと

です。


「神は細部に宿る」


芸術の世界やデザインの世界の他にも様々な分野で引用されているので、どこかで聞いたことある言葉だと思います。

どこかの偉人の言葉だと信じ、先人の言葉を参考にしております。

美容師の仕事は、淡白に表現すると「髪を切る」ですし、濃厚に表現すると『お客様に似合うヘアデザインを提供する』とも言えます。

美容師の仕事で言う『細部』を考えると、髪の毛一本一本の毛先のニュワンスや、耳周りや襟足の処理の仕方など、髪の毛の形に関する【目に見える】ことをイメージするかと思います。

その一環であるものが、お客様に触れるハサミと、毛流れを整えるコーム(櫛)です。

先に使っているものを載せます。

理美容師さんの中ではハサミの数が少ない方だと思います。(多い方だと6〜9丁を使い分けたりします)

ハサミは2~30000円からありまし、コームも1000円からあります。

私の使っているものは高価なものと言えます。

「神は細部に宿る」

このハサミは25歳の頃に購入したもので、もう8年も使っています。

手に合う合わないがあるので買い換える方もいますが、運良く私の手に合っています。

美容師の“私”を作ったハサミとも言えます。歴史があり、唯一無二のハサミです。

コームも先端が丸く作られているものなので、お客様の頭皮に当たり方が優しいのです。

「こんなの気付くか?」ってところに拘ってます。

先ほど、『お話からヘアスタイルが出来上がるまでのプロセス全てがデザイン(仕事)』と言いました。

私が担当している方で、なんか良いと感じている方はもしかしたらこういうところを相対的に感じ取っているのかもしれません。

『お客様により良いものを提供したい』

いつもそんなことを考えてお店を作ってます。

MEN’S HAIR ARATANAのLINEアカウントを作りましたので、是非友達になってください。

友だち追加
それではまた^_^