OKA BLOG

岡ブログ

24 June
クラウドファンディングで感じた事とは?

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

さて、今回は『クラウドファンディングで感じた事とは?』

というテーで書きたいと思います。

結論から書きますと

『伝える難しさとお客様との距離感の捉え違い』

です。

6月15日よりクラウドファンディングをやってみてるのですが、完全に失敗したと思っております。(諦めたわけではない)

 

原因は3つ

だと思ってます。


一生懸命になり過ぎて、他人目線を欠き、完全オナニーしてしまいました。


 

【1.文章が長い】

当初の私はストーリー性があった方がリターンを買いたくなると思っていました。だから、自社のことや私の脱毛経験などを書きました。

しかし、そもそも興味がない人間の長い文章など、読む気にもなりまよね。(完全オナニー)

そこをまず取り違いました。

【2.料金設定が分かりづらい】

始めてやる方は経験してないので、何がどうなのか想像がつきません。

私は脱毛サロンに通っていたので、ある程度経験しておりましたので、そのスタンスで料金を提示してしまいました。

特にゴール(脱毛完了)が分かりづらく、買いにくい。

【3.リターンが多く、選びにくい】

1と2の段階で、離脱してると思うのですが、ゴール(完了のイメージが湧いていない)が分かりづらいリターンが並んでいて、更に選択肢が多く、選ぶ気にならない。

以上のことが反応が良くない理由かなと思います。


改善点

 

・お客様は私のことを知っていると勘違いし、自分のことを知った人に向けた文章(クローズな文章)と、自分のことを知らない又はあまり知らない不特定多数の人に向けた文章(オープンな文章)を履き違え載せてしまったので、もう少し読む人のことを考え、結論メリットを簡潔に伝え、先に興味を引く文章にする。

・クラウドファンディングは本文は変えることができますが、リターンは変えることができません。だから、リターンはかなり慎重に決めた方が良い。

・事前にお客様への説明や、LINE@の登録を促す。

・困った時に支援したくなるように、よりお客様に良い物事の提供をする。


マイナスではない

正直なところ、はじめのLINE@の配信で目標達成できると思ってました。

クラウドファンディングを甘くみておりました。悔しい

しかし、クラウドファンディングが上手くいっていない事で考えることがあり、次の行動が変わります。

チャレンジして失敗したとしても、次に生かせばマイナスどころかプラスになると思ってます。

何もしなかったら何も残らない。

また何かに挑戦しよう。