OKA BLOG

岡ブログ

01 July
美容師の技術とはなんですか?【美容師向け】

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

さて、今回は『美容師の技術とはなんですか?』

というテーで書きたいと思います。

結論から書きますと

です。

美容師の仕事は、

『お客様をカッコ良くすること』

『可愛くしてテンションを上げること』

『髪型を通してハッピーにする』

など、明るいワードで語られることも多いです。

地味な言い方をすると

です。


手元の技術+見る・聞く・感じとる技術

私自身もそうなのですが、自分に似合うことと、自分が好きなこと(したいこと)が必ずしも同じとは限りません。

そこを頭に入れつつ、お客様と向き合い、お客様のイメージと、美容師側の客観的視点をすり合わせていく。

お客様はどうなりたいか言葉で表現できませんよね。

格好、年齢、気分、喋り方、

様々な要因をもとにお客様の最適解を探る。

このようなマインドでお客様と接する。


見えない技術は自分次第

カットなど手元の技術は、目に見えるので、他人から良し悪しが判断できるので、アドバイスや指摘しやすいのに対し、こういった『感じとる力』は物理的に目に見えないことなので、他者からのアドバイスや指摘がしにくいので自分自身で磨かなければなりません。

好きなもの、好きな人をのことを良く見てしまうのが人間ですが、いかに自分の作ったものに厳しいかがポイントになります。


自分の目標設定を上げる

より良くなると言うのは、気持ち的な部分が大きいと思います。いわゆる『やる気』です。

現状に満足してしまうと、何かをやろうと思い立たなくなりますので、“目標を立てて達成し、また目標を立てる”

現状に満足せず、「自分はこんなもんじゃない」「まだやれる」と自分を鼓舞し続ける。

通勤中にすれ違う人、上司や部下の行動、お客様方、身の回りでたくさんの情報が日々通過しております。

見ようとしないと見えてこないことがあります。

過ぎてゆく日々の身の回りの情報をいかにキャッチするかで成長のスピードが変わります。

今の自分に必要な情報をキャッチできるように願っております。

それではまた(^^)