OKA BLOG

岡ブログ

06 April
初めての美容室でなんてお願いしたら良いの?【お客様向け】

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

お昼頃にMEN’S HAIR ARATANAの近くに来る移動型の弁当屋さんの弁当にハマってしまい、毎日3つ(大盛り)食べている今日この頃です。

さて、今回は『初めての美容室でなんてお願いしたら良いの?【お客様向け】』というテーマで書きたいと思います。

結論から書いておくと

 

です。

初めて行く美容室、初めて担当される美容師さん、初めての場合緊張したり、どういう人か不安だったりしてませんか?

私は一応オーナー美容師なのですが、たまに他の美容室に行ったりもします。

美容師でも他の美容室に行くと緊張しますし、『このひと大丈夫かな?』っという思いで椅子に座ってたりもします。

お客様なら尚更そう思ってるのではないかと思います。

初めてのところに行って、『こうなりたい』と言うことすら恥ずかしかったりします。(カッコよくなりたいとか言いづらいよね)

そして、髪型というのは言葉で表して伝えることはかなり難しいことだと思います。

お客様にも大きく2パターンにあります。

スタイリングをする人とスタイリングをしない人です。

毎日しっかりスタイリングする方は画像を用意して行くのも割と良いと思います。その画像を見せて

【似合うか似合わないか】

【できるかできないか】

【向き不向きか】

を美容師さんと一緒に‘自分がやってほしいこと全部叶えることは難しいかもしれないというスタンス’で考えていけば良いと思います。

スタイリング剤を日頃あまりつけない又は頻度が少ない方は、

『スタイリングをしない(したくない)理由』

『自分の髪について気になることや悩み』

『あまりカットしに美容室に来たくない』

など、美容師さんに伝えてください。

(ちなみにネットに転がってる画像は、バリバリスタイリングされているのでスタイリングしない方の参考にはほぼなりません)

美容師(岡かも)が気にする視点は

です。

だからお客様側に考えててもらいたいこたは

【自分がスタイリングを毎日してでもより良くなりたいか否かを自分の中でハッキリさせておく】

【自分がやってほしいこと全部叶えることは難しいかもしれないというスタンスでいる】←画像持って行くひと

あなたの満足がどこにあるか明確にしておく】←髪型のあり方。(頑張って髪型カッコよくなりたいのか、ある程度でいいのか、極力スッキリしたいのか)

この3つを考えておけばだいたい美容師さんは満足のいくヘアスタイルにしてくれると思いますので、是非考えてみて下さい。

あなたがより良い髪型になることを願っています!

ではまた(^^)