OKA BLOG

岡ブログ

21 May
アベノマスクの弊害とは?

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

深夜の帰り道に、誰もいないのでマスクを外して空気を吸いながら歩いて帰るだけで幸せを感じてしまう今日この頃です。

さて、今回は『アベノマスクの弊害とは?』

というテーマで書きたいと思います。

結論を先に書きますと

『目の錯覚により顔がデカいひとはよりデカく見えている』

です。

皆さんのもとにアベノマスク届きましたか?

私は住んでいる家には届いてませんが、MEN’S HAIR ARATANAの店舗には何故か2セット届きました。

実際に着けてみたのですが、ちょっと私には小さい感じがしました。

ニュースなどでマスク姿の安倍さんを観る機会も多いと思うのですが、顔が大きく見えませんか?

あれは【デルブーフ錯視】の効果が働いているように思います。

デルブーフ錯視とは、相対的な大きさの知覚に関する錯視である。最も有名なものは、同じ大きさの2つの円が互いに近くに置かれており、1つは円環に囲まれている。円環が近くにある場合は、囲まれている円は囲まれていない円よりも大きく見え、円環が離れている場合には囲まれていない円よりも小さく見える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/デルブーフ錯視

要するに、大きい円の中に少し小さい円があるとデカく見えるってことです。

一応比較してみました。

(この髪型何?)

 

マスクが小さいと、顔に対してちょっと小さい円になってしまいデルブーフ錯視発動してしまいます。ツラ

マスクでも顔の輪郭まで隠れれば問題無しです。

顔の大きさを気にしている人は気をつけてください。

また女性のアイメイクも、アイラインや涙袋を描いて、目の周りにちょっと大きな円を作り大きく見せていますね!女性のメイクを褒めるときに『デルブーフ錯視を巧みに駆使して良いですね』とでも言ってやってください。

ヘアスタイルを作るにあたっても目の錯覚を利用してたりします。

目の錯覚を知れば、身につけるものの選択が変わってきそうですね。

是非参考にしてみてください

MEN’S HAIR ARATANAのLINEアカウントを作りましたので、是非友達になってください。

友だち追加
それではまた^_^