OKA BLOG

岡ブログ

05 February
アイメイク道具が売れているらしい

こんにちは、福岡/博多区/東比恵のメンズ専用美容室ARATANAの岡です。

今回は「アイメイク道具が売れているらしい」

というテーマで書きたいと思います。

結論とかではなく、環境によって視点が変わるんだなと思ったことをシェアしたいと思います。


コロナ禍で変わったこと

人と人との肉体的距離感が遠くなった2020年。

遠出や旅行、出張なんかも行くことを拒まれる時代となりました。

日々消毒と手洗いが日課となり、もう一つ変わったことがあります。

それは「マスクの着用」です。

マスクをしていないと出歩くことが基本できません。

最近は、近所のコンビニに入ってマスクをつけ忘れていることに気がつき、気まずさも感じるようになった2021年2月。


顔の情報量が減った

街を歩いていても、マスクをしているので人の顔を見分けることが難しくなりました。

知り合いが近くを通っても気付かないでしょう。

顔というのは、他者があなたを認識するための情報であります。

しかしながら、今はマスクにより3分の2の情報が失われています。

だからこそ大事になってきてる部分があります。


目元に一点集中

今、化粧品でアイメイク関連の商品が良く売れているらしい。

女性は敏感ですね。

言われてみれば、“出ているところ”で勝負するのは当たり前ですね。

まつ毛やアイライン、シャドー、眉

あらゆる手段があります。

男性はどうでしょうか?コロナ前と同じ感覚でいませんか?

環境が変われば、求められることも変わります。


男性ができるお手入れとは?

1.まずは眉毛のお手入れですね。

まだ眉毛を描くほどはしなくても良いと思いますが、長さを整えたり、無駄な毛を剃ったりはコロナ前よりマメにしましょう。

2.次は目のたるみです。

さっと調べたところ、眼輪筋を鍛えると良いそうです。

エクササイズ方法↓

  1. に力を入れてギュッと閉じます。
  2. 約5秒キープし、力をゆっくりと抜きます。
  3. 驚いた時のようにを見開き、約5秒キープしましょう。
  4. ゆっくりと力を抜きます。
  5. を大きく開き∞を描くように、5回ほどを動かしましょう。
  6. 反対周りで同様に行います。
3.目のクマを緩和

目のクマはひとによって種類があるようで、自分に合った方法をググってみてください笑(書こうと思ったんですけど長くなりそうなのでやめた)

4.肌の水分・保湿

乾燥すると、肌が柔軟性を失いシワが入りやすくなります。

シワが増えると、老けて見えます。

化粧水(水分)→乳液(油分)→美容液(油分)

をつけてください。

化粧水だけでは水分が気化してしまいます。気化しないように油分をつけてください。

 

果物などがそうなのですが、みずみずしい方がおいしく見えます。人間もそうで、潤いのある男性のほうが本能的に選ばれやすい、モテる・・・多分(唇の乾いた女性いやじゃないですか?笑)

参考にしてマスクイケメンになりましょう笑

ではまた(^^)