OKA BLOG

岡ブログ

27 April
これからの美容業界の傾向を考えてみた

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

福岡の中心部で働いている美容師をしている友人と話していて、全然お客様が来ないことを詳しく聞かされてヒヤヒヤしております。

さて、今回は『これからの美容業界の傾向を考えてみた』

というテーマで書きたいと思います。

2020年から流行り始めた新型コロナウイルスの影響より、生活が変わろうとしております。

できなくなったことで倒産する会社も増えております。

美容室でも、換気やマスク着用、そして手が荒れるほど洗っております。

美容室経営者の私は、接客しながらお客様の感覚や状態を感じて、私たち美容室が今後どのようにしていく方が良いのか考えています。

そこで、今現在考えていることを美容室経営者の視点で書いてみます。

まず、お客様の視点が変わってきたこと。

 

です。

それらを美容室経営に置き換え、今までできていたけど、難しくなってくること。

 

 

などはこれから厳しくなりそうな気がしてます。

①は大型店になるので、広いフロアで不特定多数と関わります。こういうところは、スタイリストさんが切ってアシスタントさんがカラーやパーマ、シャンプーなど変わりに担当するとおもうのですが、お客様はそれもちょっと嫌と感じるようになります。お客様からするとアシスタントさんはスタイリストに比べると信用がないです。なるべく信用している人にしか自分を触らせたくないと思うからです。

②は1000円カットなどの早くカットしてお客様を回すような美容室です。カットしている人は1日50人くらい切ったりします。あまり深く書けないですが1000円カットを利用する客層は様々です。

消毒するとはいえ、確率は高まりますし、美容師側もそういうところで働きたくないと思うのかなと思います。

③は①で触れた信用できるかどうかということです。無駄な外出を避け始めるので、出来る限りネットで調べて(通い続けるだろうなと思うくらい)この人にやってもらおうと思い美容室に向かいます。ホームページなどでその人の人柄やライフスタイル(健康的な生活してるか)が見えていない美容室は選ばれずらい。

④は外出が減り、人と会うことが減り、収入が減る中で、オフェンス的なオシャレ(ネイルやデザインカラー)を今までほど思わなくなります。基本的に他人に良く思われたいと思う感情でオシャレしてモチベーション上げてます。しかし外出できる機会が減ってしまったので、そこまでやる必要ないという人が増え、お金もかかってたし、必要最小限のお手入れで充分と思うからです。

以上のように感じてます。

2020年4月後半では、福岡の中心部の美容室はズタボロなところも結構多いようです…

うち(MEN’S HAIR ARATANA)はどうなのかなというと、そもそもうちは少数精鋭で、バタバタせずにお客様にゆったりしたスペースで居心地が良くて、流行りに乗らずに不変的なところで勝負しようぜ!っといって作った男性専用美容室なので、

めちゃくちゃな大打撃は無さそうな気がしてます。(内心ヒヤヒヤしてます)

改善しないといけないところも少しずつ見えてきています。

美容室経営者として、やれることはやろう。

やるぞー負けないぞー

MEN’S HAIR ARATANAのLINEアカウントを作りましたので、是非友達になってください。

友だち追加
それではまた^_^