HAIR BLOG

ヘアブログ

21 June
商品パッケージから学ぶ髪型戦略とは?【美容師の仕事】

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

さて、今回は『商品パッケージから学ぶ髪形戦略とは?』

というテーマで書きたいと思います。

結論から書きますと

です。


美容師というのは身体が資本であり商品であります。


 

部下に良く伝えているのですが、『自分自身がどこの誰に好まれたいか(好まれるべきか)をイメージして自分(商品)をトータルプロデュースした方が良い。といつも口酸っぱく言っています。

プロならそこに自分の趣味嗜好を混ぜるなと。

これはお客様にも言えることなんですが、自分を『商品』と認識するのがなかなか難しいところです。

しかし、大事です。

ここで商品パッケージでイメージしてみましょう。

こちらの純正チョコボール

こちらのパッケージはコミカルなキャラクターで目を引き、茶色はカジュアルな印象、ポップな字体を使ってます。全体的に余白がなくガチャガチャしてて、活発な若者向け(子ども)に作られたパッケージ。

続いてこちらは大人のチョコボールのパッケージ

こちら先程とは違い高級感や重厚感といったイメージになりやすい黒を基調に、キャラクターではなく本物のピーナッツの画像をメーンに使い、余白が有りしっとりと落ち着いた印象。文字も明朝体で【大人に贅沢】と、もろに大人向けに作ったパッケージ。


色合い、字体、キャラor画像、余白…といった“ターゲットに合わせて、様々な要因を構成して”トータルでイメージを作られています。


 

中身はチョコです。

商品は、たくさん陳列される中で、選ばれなければなりません。

純正チョコボールと大人のチョコボールが並んでたとして、余裕のある大人の方手に取るはおそらく大人のチョコボールです。

(男性用って書いてあるだけで男性は選びますよね)

『好きにさせてくれ』

っという声も聞こえてきそうですが、

商品(自分)をせっかく作るなら(生きてるなら)手に取ってもらった方がいいし、売れた方がいい。


パッケージとは、誰かに選ばれるためのツールで、わかりやすい方が選ばれやすい


 

私達に置き換えると、パッケージとは外見です。

髪や仕草や声や体格や服です。

髪だけ、体格だけ、服だけではダメで、仕草や声全てトータルで作らないと選ばれずらいです。

髪型だけでも、毛先が遊んでたらカジュアルな印象ですし、

面になっていれば落ち着いた印象になります。

そういったことを体格や声などとを踏まえ、構成しなが作るっていうのも良いとおもいす。

あなたは誰に選ばれた方が良いでしょうか?

こういったことをMEN’S HAIR ARATANAでは考えております。

MEN’S HAIR ARATANAのLINEアカウントを作りましたので、是非友達になってください。

友だち追加
それではまた^_^