HAIR BLOG

ヘアブログ

17 June
似合わせ考察【ワイルド系】美容師の仕事

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

さて、今回は『似合わせ考察【ワイルド系】美容師の仕事』

というテーマで書きたいと思います。

ヘアスタイルというのは毛の長さや傾きの組み合わせで出来ていて、おそらく数えることができませんし、正解もたくさんあると思います。

ただ、ヘアスタイルの立体の形によって「セクシー」「可愛い」「硬派」「無骨」「ワイルド」「ルーズ」など、印象や系統に分けていくと、似合わせという感じになっていきます。

振り幅が大きかったので写真を撮らせて頂きました。

高校生のときから担当しておりまして、この春に大学生になり、校則という縛りがなくなって初めてのご来店。

若い世代ので多いのが「マッシュスタイル」

マッシュスタイルとはこんな感じのスタイルで、縦の長さを縮めて丸みを持たせ、印象的に可愛いヘアスタイルに当たります。

高校生の頃の彼も、こういった感じにしたがっておりました。

彼はバリバリのスポーツマンで筋肉で身体が大きく、こういった身体つきは「強い」「男らしい」「ワイルド」といったワードが似合いそうです。

before

頭がマッシュで(可愛い系統)身体がゴツい(男らしい、ワイルド)だと、系統の幅が遠く、ヘアスタイルとしては似合いづらいです。

高校生のころは【若い頃は流行りに乗ってたい】という“気持ち”を優先し、マッシュスタイルにしておりました。

しかし今回は、ちょっと大人の階段登りましたので、私も少し強引に提案しました。

彼はパーマをかけるにあたって、伸びて丸みを帯びた髪を生かし、やわらかな動きを出すようなイメージで来店してたと思います。

マッシュ×パーマ

多分こんなイメージにしたかったんじゃないかと思います↓

私は「強い」「男らしい」「ワイルドという印象の身体に似合わせた方が良く見られやすいと判断しておりましたので、

を提案しました。

縦長に持っていくのに刈り上げを提案したのですが、彼は今までしたこと無かったので、かなり躊躇しておりました。

カウンセリングに20分くらい費やしたと思います(話が長くてごめんなさい)

仕上がりはこちら

パーマをしっかりかけて、ツヤのあるジェルを着けること。

毛の量を減らさないことで、ジェルを着けたときの束が太くでるので「強さ」「男らしさ」「ワイルドさ」を演出。

適当にザッと揉み込むだけ出来上がりです。多少乱れてもカッコ良さそう。

今回は初めての刈り上げでしたので、少し優しめな感じにしました。刈り上げに慣れたらもう少し短くしてメリハリがあっても似合いそう。

ヘアスタイルを言葉で説明するのはとても難しいことです。

今回のように少しづつ段階を踏んで似合わせいく場合もあります。

お客様と担当者との信頼関係があってできる仕上がりもあったりします。(今回はちょっと強引でした)

 

こういったお仕事をMEN’S HAIR ARATANAではやっております。

一緒にあなたの最適解を見つけましょう。

MEN’S HAIR ARATANAのLINEアカウントを作りましたので、是非友達になってください。

友だち追加
それではまた^_^