HAIR BLOG

ヘアブログ

28 July
似合わせ考察【マッシュ卒業】

福岡・博多のメンズ専用美容室ARATANAを営むオーナー美容師 岡です。

さて、今回は『似合わせ考察【マッシュ卒業】』

というテーで書きたいと思います。

似合わせとはさまざまで、嗜好なのか、ライフスタイルなのか、骨格なのか、髪質なのかによってヘアスタイル提案も変わってきます。

今回の新規のお客様(M様)は、こちらの『HAIR BLOG』を観て、県外からご来店頂きました。

非常に嬉しく思います!M様ありがとうございます!

先に結果から

ご来店頂いたときは、耳上にツーブロック+襟足刈り上げ+頭頂部柔らかい質感といった【マッシュスタイル】がベースのようでした。

そして、前髪も左右非対称(アシンメトリー)で遊び心あるヘアスタイルでした。

私の私見では、わりとしっかりした顔立ち・髭の濃さ・襟足のクセ・職業的に、男性的な素質が多いように思いました。


側頭部と襟足の設定

【男性的なヘアスタイル】とは、バランス的に縦長なシルエットになります。

[例]

↑(フェードスタイルはサイドを刈り上げるので縦長のシルエットになります)

〈側頭部〉

M様は、側頭部が膨らみやすい生え方をしていました。

膨らみやすい生え方をしているところを中途半端に短く切ると、毛が軽くなって余計膨らみます。←文面で伝えるのムズ

〈襟足〉

体毛が濃いめの方にあるのですが、襟足部分にうねりのある毛が生えておりもじゃもじゃしておりました。

『縦長シルエットにするなら襟足は残しておいた方がいいじゃない?』

と思われるかもしれませんが、側頭部の膨らみの関係で側頭部は短く切ることがほぼ確定していたので、襟足も同様に短く切ってしまわないと一昔前の田舎のヤンキーみたいになってしまいます。

ということで、今で言う【フェードスタイル】を提案しました。


頭頂部の設定

毛束に動きで印象が変わります。

↑動きありとなし

私は正統派で落ち着いた感じでも似合いそうだと思いましたが、ご来店頂いた際のヘアスタイルが遊び心ある感じだったので、M様の内面的には『落ち着くよりも、遊び心があってアクティブさがある』方が今は良さそうだと判断しました。

そこで頭頂部は、動きがでる軽さと長さに設定し、はち部分に少し段差をいれて遊びをいれました。


様々な要素の組み合わせ

ヘアやファッションなどは、『適当に選んだ感』を出した方がセンスありそうでカッコ良かったりします。

しかしながら、そこにはロジックがあり、ロジックと人が組み合わさって「なんかカッコ良い」となります。

あの人はアリで俺にはナシというのも当然あります。(流行りに乗り過ぎると似合わせがボケてきます)

お客様一人一人の最適解を一緒に見つけるのが美容師の仕事です。

こういったお手伝いをMEN’S HAIR ARATANAではやっています。

一緒に最適解を見つけましょう。

ではまた(^^)

MEN’S HAIR ARATANAのインスタ